FC2ブログ

HAUNTS Cup 2016 in OARAI

 2016-09-26
今年もHAUNTS Cup 2016 in OARAI が茨城県大洗で開催

ライクラスハンデ、T&Rポイントが無く最低重量を決めた1日2本までの特別ルール

最低重量はクロ、シカカジキは150kg x1ポイント、マカジキは50kg x 2ポイント、バショウ、フウライカジキは最低重量無しのx5ポイント

最低重量を下回ってしまった場合はマイナスポイントとなるので最後まで勝負が分かりません

今回は16艇のエントリー

6時30分のストートのコールと共に一斉にポイントへ

最初のヒットコールは7時53分リ・オーシャン

検量サイズに満たない8推定80kgのクロカジキをT&R

それに続いた8時4分にシードリームからヒットコールが入るのフックアウト

すぐさま8時9分にシードリームからヒットコール

検量サイズと見込んでマカジキをキャッチ

その後は続々とヒットコールが続きます

パーティーハード、海彦、スタチューオブリバティー、スローモーション、フォワード、グランテム、アルベロ、ママキジャ

15時のストップフィッシィングまでに入ったヒットコールは15

2本のT&Rに3本のクロカジキ、2本のマカジキの釣果があり、5本のカジキの検量となりました

さて、最終結果は

1位 ママキジャ マカジキ56kg x2 112ポイント

2位 シードリーム マカジキ55.6kg x 111.2ポイント

3位 海彦 クロカジキ103.8kg 最低重量未満 -46.6ポイント
        クロカジキ150.6kg x1 150.6ポイント   150.6-46.6=104ポイント

以上となりました

2位のシードリームは僅か400gの僅差、3位の海彦は2本のクロカジキをキャッチするもマイナスが大きく響きました

多くの釣果に恵まれ大変盛り上がった大会となりました

大会にご参加いただきました皆様、ご協力ご協賛をいただきました皆様、誠にありがとうございました

また来年を開催を楽しみに残りのシーズンをエンジョイして下さい

ありがとうございました

8552.jpg
8564.jpg
8560.jpg
8561.jpg
8562.jpg
8558.jpg
8559.jpg
8565.jpg
8556.jpg
8555.jpg
8554.jpg
8557.jpg
8563.jpg
スポンサーサイト



カテゴリ :カジキ トラックバック(-) コメント(-)

Albemarle 29Express

 2016-09-22
11月のフォートローダデールボートでのデビューへ向け急ピッチで建造が進んでいるアルベマーレ29EX

新設計のハルは強靭且つソフトライド、そしてドライに設計されています

エンジンはツイン350PSのアウトボード仕様で高速で低燃費を実現

実用的な実用的でシンプルなレイアウトはフィッシングボートを追及したアルベマーレならではです

8549.jpg
8550.jpg
8551.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

サーモインスペクション

 2016-09-18
見えないところの点検方法には毎回苦労します

基本的には見えるところまでバラす・・・しかないのですが、バラせないところも多々あります・・・

今回の点検方法は温度による点検

いわゆるサーモグラフィーを用いて確認します

例えば電線などが古くなっていて導通が悪く熱を持っているかどうかとか、

エアコンやフリーザーがコンプレッサーは作動しているが冷えなくどこまで高圧高圧になってるとか

左右の温度差の確認とか

使い方によって色々なバリエーションは点検ができますね

8537.jpg
8538.jpg




カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

カンヌボートショー最終日

 2016-09-12
カンヌボートショー最終日

今回初めて訪れたヨーロッパのボートショー

フロリダのボートショーとはまた違う雰囲気と各ビルダーの対応

色々感じること、参考になること沢山ありました

IMG_5586[1]
IMG_5592[1]
IMG_5597[1]
IMG_5583[1]
IMG_5582[1]

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

今日はモナコへ

 2016-09-11
カンヌボートショーの間でモナコ王国へ

モナコと言えばモナコF1グランプリ

そして、そのF1観戦のためにやって来るメガヨット

私はそんな印象です

もちろん初めて行きましたがTVで見る様相そのままです

フロリダで並ぶ船達とはまた違う雰囲気です

1.jpg
IMG_5565[1]
IMG_5563[1]
IMG_5562[1]

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

カンヌボートショー2日目

 2016-09-08
普段、フィッシャーばかり見ている私には非常に新鮮味があります

そんな見慣れない中にフィッシャーに生かせる物があればと物色しています

カンヌボートショーは朝と夕方に試乗が行われています

桟橋の一部を開いて出入りします

まさに渋滞

日本ではまず見られません


カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

カンヌボートショー

 2016-09-07
映画祭で知られているフランスのカンヌで開催されているヨットフェスティバルに来ています

ヨーロッパのボートショーにはフィッシングボートはほぼありません

普段、アメリカばかりなのでフィッシングボートに何か活用できるものはないかと思い来ています

詳細は随時アップしていきます

IMG_5192[1]
IMG_5208[1]
IMG_5239[1]
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

ウッドワーク

 2016-09-03
ライボビッチのトゥーレールの取り付け風景

カスタムフィッシャーで多く見られるトーレール、その存在だけで船の印象が大きく変わります

ライボビッチのトゥーレールにも歴史と伝統、そして拘りが詰め込まれています

トゥーレールの木と木との接合部は極端なところまで時間をかけて面と面を摺り合わせしていきます

それは、合わせ面がの双方にキチンと面が出ていないと接着剤がムラになり、折角取り付けても木が暴れてしまい表面のクリア塗装が割れてしまうからです

これは、トゥーレールに限らず、コーミングチークにも言えます

デッキのブルワークに貼られているチークの合わせ目が開いてしまう原因の一つでもあります

この手間を掛けることで、トゥーレールなどのクリア塗装の割れを防いだり、チークデッキなどの動きを抑えたりできます

ライボビッチをはじめとするカスタムビルダーが時間をかけるには理由がありますね

8543.jpg
8545.jpg
8546.jpg
8547.jpg
8544.jpg
8548.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

サウスカロライナ

 2016-09-03
ちょっと用足しにサウスカロライナへ行ってきました

フロリダともノースカロライナともまた違う印象です

ですが、全てに共通しているのは水辺との距離が近いこと

いくつもマリーナが点在し、ファミリーや仲間で気軽に船と水に触れ合える環境が整っていますね

桟橋のある家に船で気張るに行けるレストラン

船があるからその環境があるのか、環境があるから船が増えるのか・・・

何れにしても、ボート遊びが遊びの文化として身近に根付いていますね

船で気軽に行けるレストランとかもっと増えないかな・・・

8542.jpg
8541.jpg
8540.jpg
8539.jpg

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR