FC2ブログ

ライボビッチ ファクトリー

 2015-11-27
11月に訪れたライボビッチファクトリー

多くの船があり忙しそうでした

完成間際の86ft、そして建造中の68ft

そして里帰りしているライボビッチ達

現存する一番古い1949年#2も外装メンテナンスの作業中でした

そしていつも笑顔で迎えてくれる親方マイケル

また近いうちに遊びに行きます

8090.jpg
8089.jpg
8088.jpg
8087.jpg
8086.jpg
8091.jpg
スポンサーサイト



カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

計算してます

 2015-11-25
ちょっと悩みながら計算してます・・・

数字が超えるか超えないかで大きな違いが・・・

8094.jpg
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

チャンネルグラス

 2015-11-22
ガラスイルミネーションの会社のチャンネルグラス

夜の暗がりに浮かび上がる魚達

サロンの後のガラスに埋め込んだりベッドルームに入れん込んだりと

家のリビングのインテリアとしてもいいですね

8002.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

光ってます

 2015-11-21
常にメンテナスされているパイプ

光ってます

光ってるパイプ好きです

8055.jpg
8044.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

水辺

 2015-11-19
フロリダの水際は水までの距離が近いです

水辺には多くのレストランがあり船で気軽に立ち寄ることが出来ます

そして、っそのレストランは水までの距離が非常に近いです

正に水辺で食事と時間、空間を楽しむスペースになっていますね

また、それらのレストラン前にマリーナがあったりもします

プライベートエリア、コマーシャルボートが上手く共存し、自分のボートで楽しむ人、チャターして楽しむ人が楽しんでいます

環境があるから産業が成長するのか、産業があるから環境が整うのか

日本は四方を海で囲われている先進国なんですけどね・・・

8041.jpg
8040.jpg
8043.jpg
8042.jpg
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

Jarrett Bay 64

 2015-11-18
ノースカロライナに大きなファクトリーを構えるジャレットベイ

64ftにCAT C32 1925PSを搭載し40ktオーバーを誇ります

内装も落ち着いたいい感じです

8015.jpg
8014.jpg
8013.jpg
8012.jpg
8011.jpg
8010.jpg
8009.jpg
8008.jpg
8007.jpg
8006.jpg
8005.jpg
8004.jpg
8003.jpg
カテゴリ :中古艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

Pionner Boats

 2015-11-16
コンベンションセンターで見かけた気になるスモールボート

Pioneer Boats

22ftまでをメインとするビルダーです

ショアラインとタンブルが色気がありますね

7099.jpg
7098.jpg

カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

Rybovich86

 2015-11-14
フロリダを訪れる度に立ち寄るRybovich

Rybovichとは業務の提携もしています

社長のマイケルはいつも笑顔で迎えてくれ様々のことをレクチャーしてくれます

建造当初から幾度か見に来た86もいよいよ最終段階に入ったそうです

アメリカの宝石と言われるほどの美しいプロポーションは見る者すべてを魅了しますね

私たちが訪れた翌週にシートライアルを行うとのことでした

シートライアルはマイケル自ら行います

そしてシートライアルの結果は86ftの巨体をもってMAX46kt!!

ちなみの、この86のオーナーはもう1艇ライボビッチを持っているそうです・・・

8028.jpg
8029.jpg
8030.jpg
8038.jpg
8035.jpg
8036.jpg
8037.jpg
8034.jpg
8033.jpg
8032.jpg
8031.jpg
8027.jpg
8026.jpg
8025.jpg

Hull #2 Sea Trial. We saw the GPS hit 46.3 kts.

Posted by Michael Rybovich & Sons Boat Works on 2015年11月12日


8039.jpg




カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

Spencer62

 2015-11-13
2016年モデルSpencer62

スペンサーは1月にファクトリーを訪れたビルダーで、社長のポールとは幾度か会い今ではすっっかり顔なじみになりました

現在は15艇を同時に建造してるそうです

軽量かつ強いハルで40ktオーバーです

8024.jpg
8023.jpg
8022.jpg
8021.jpg
8020.jpg
8019.jpg
8018.jpg
8017.jpg
8016.jpg





カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

一体・・・

 2015-11-13
フォートローダデールボートショーのコンベンションセンターには数多くのセンターコンソーラーが出展されています

アメリカのボートショーは展示会ではなく、買うための、ブローカーが売るためのショーです

そんななか、目を引いたのは日本にも入ってきているハイドラスポーツ

センターコンソーラーながら53ftの大きさと、セブンマリンの627PSの船外機の組み合わせ

ついこの間まで船外機350PSすごいねって言っていたのが、なんと627PS・・・

センターコンソーラーの大きさといい、エンジンといい、一体どこまでいくんでしょうか・・・

7096.jpg
7097.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

Albemarle

 2015-11-13
アルベマーレもフォートローダデールボートショーには2艇のモデルを出展

36HTXFと25XF

25XFはアルベマーレのNewモデルです

アウトボード仕様のコンパクトオフショアフィッシャーマン

日本の荒れた海でも安心して走れる25ftです

そして副社長兼マーケティングマネージャーのTed

いつも笑顔で迎えてくれます

8001.jpg
8000.jpg


カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

フォートローダエール2日目

 2015-11-10
今日はフォートローダデールよりちょっと北上

ライボビッチの工場へちょっと顔を出しに行って来ました

明日は早くも帰国です・・・

また詳細は後日アップしていきます

DSCN6893.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

フォートローダデール初日

 2015-11-09
フォートローダデールのボートショーに来ています

ボートショーと言ってもほぼ色々な人とミーティングでしたが

それでも幾つかは気になった船は見てきました

明日はちょっと北上してきます

DSCN6813.jpg
DSCN6811.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

2016 New Albemarle29 Express

 2015-11-06
2016年春のデビューに向け開発建造が進んでいます

荒天時の走破性はもちろん、低燃費と高いフィシュビタリーを兼ね備えた究極のコンパクトオフショアフィッシャー

エンジンは信頼性の高いヤマハのアウトボードを搭載する予定です

7037.jpg
7084.jpg
7080.jpg
7081.jpg
7082.jpg
7083.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

フォートローダデール

 2015-11-05
土曜日よりフォートローダデールへ行ってきます

すでに幾つかのミーティングが予定されていますが合間をぬって何か物色してきます

7088.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

次は

 2015-11-05
船舶電装認定事業者の次はレーダー等認定事業者の認定証明だな

7078.jpg
7079.jpg
カテゴリ :電装品・エレクトロニックほか トラックバック(-) コメント(-)

終わらない夏

 2015-11-04
全体を通してあまり良くなかったシーズンでしたが、ここへきて大洗の海がだいぶ熱いようです

バートラム64を駆るフォワードは昨日2本、今日は4本の釣果のようです

いずれもマカですが、今日の1本は98kgのビックワンサイズ

まだまだ夏は終わらないようです

7085.jpg
カテゴリ :カジキ トラックバック(-) コメント(-)

60 years old, runs

 2015-11-04
今年、還暦を迎えたハルナンバー20 1955年製のライボビッチ TWENTY

頑張って走ってます


カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

グレンダイニングエンジンコントロール

 2015-11-02
アルベマーレ305XFの嫁入り前艤装でエンジンコントロールを入れ替えています

もともと装備されていたのはテレフテックスの油圧コントロール、ヒューマノーテック

これをグレンダイニングの電子コントロール、スマートアクチェーターⅡに入れ替えています

システムとしてはエンジン自身が油圧→ワイヤーを電気→ワイヤーになります

今まではクラッチとスロットルが別々の4本レバーでしたが2本レバーになり操作も油圧に比べるとかなり軽くなります

そして、左右のエンジンの回転数を手でシンクロさせていましたが、スマートアクチャーター側でシンクロしてくれますので

走行中はレバー1本で加速、減速が出来るようになります

そして、グレンダイニングのエンジンコントロールは発展性がありますので、これにハンドヘルドリモコンの追加装備はもちろん、

ハンドヘルドリモコンでのスラスターコントロールやジョイスティックの追加装備も可能です

エンジンコントロールの日々進化です

7075.jpg
7074.jpg
7073.jpg
7076.jpg
7077.jpg





カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR