FC2ブログ

スッキリしました

 2013-05-30
シーズンに向けBOBOSSのエンクロージャーを入れ替えました

かなりスッキリです

5394.jpg
5395.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

海水ホース

 2013-05-29
あまり交換する習慣のない海水ホース

ですが、年数や使用時間によりやはり痛みます

今回のホースは海水漏れなのですが、外観的にはややヒビがありピンホールによる海水漏れでした

ですがいざ外してみるとホースの内側はかなりきてました・・・

5339.jpg
5341.jpg
5340.jpg
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

エキスプレス

 2013-05-27
マーリンフィッシングはチームプレー

その上で重要なのはクルーとのコミニュケーション

キャプテン、クルー、ゲストが1フロアで感動と感激を味わえる

それがエキスプレスです

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

TWENTY

 2013-05-25
レストア中のハルナンバー#20のライボヴィッチ 

船名はTWENTYです

以前の船名とイメージを変えてみました

ゴールドからシルバーリーフへ

シャドーは透かしてみました

そして生まれ故郷のPalm Baech

5397.jpg
5396.jpg
5398.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

ブラックアウト

 2013-05-24
レストア中のライボビッチのフロントマスクがブラックアウトになりました

かなり引き締まり、よりライボらしさが出ましたね

947252_465491276875940_2105024089_n.jpg
カテゴリ :中古艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

撤去

 2013-05-23
レストア進行中のRybovich

トイレの交換を若干のレイアウト変更のため撤去しました

流石にこの年式はホールディングタンクはありません

と、言うよりレギュレーションが無かったんでしょうか

トイレの床板も全貼り替えの予定です

5361.jpg
5362.jpg
5363.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

光りました

 2013-05-21
オールペン作業をしていたカマリ

金物をメッキの再加工に出した物を船に取り付けをしました

やはり光るところが光っているといいですね

塗装の艶と金物の輝きでかなりグレードアップしました

5376.jpg
5377.jpg
5379.jpg
5378.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

ウッド補修

 2013-05-20
ウッドボートはどんなに大切にしていてもどうしても多かれ少なかれ腐食がついて回ります

まずは、腐食をなるべくしないようにはどうするかが一番優先されますが

腐食してしまった場合の補修も幾つか考えておかないといけません

今回の補修方法は腐食部を全取り替えではなく、ベースを生かし補修する方法をとりました

腐食してしまったウッドをある程度削り込みます

削り込んだところにファイバー系のパテで盛り付けし最後に樹脂をまいていきます

同じところがもし、再度補修する場合はその部分は次回は交換作業の方法となります

5366.jpg
5367.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

早4年

 2013-05-20
このバートラム570を輸入して早5年

未だ常に光ってます

外装は元より他の部分についてもコンディションを保つ

オーナーと二人三脚でないとなかなか難しいです

5380.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

ヘッドライニング

 2013-05-17
Rybovichのヘッライニングが剥がれました

何度か繰り返された歴史が見え隠れします

今回はヘッドライニングの材料を変え、ライティングの位置も変更する予定です

5359.jpg
5360.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

磨いてます

 2013-05-15
シーズンを前に磨いてます

5306.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

カットラスベアリング

 2013-05-14
以前に交換したカットラスベアリング

カットラスベアリングはシャフトブラケットに取り付けられプロペラシャフトを支えています

消耗品ではありませんが基本的にはあまり交換しません

ですが定期的に点検をしておきたい部品の一つですね

軸受の材質はポリウレタンラバーやフェノール樹脂、それにデロリン樹脂なのがあり

シュエル部にも樹脂やブロンズが使われています

冷却用の溝の各メーカーによって様々です

消耗の原因の大きな要因としては軸心のズレによる編摩耗が多いですね

エンジンマウントのへたりによる芯ズレや足回りの衝突などによるズレがあります

軸がズレると最初はプロペラの回りが重たくなりますがそのうち軽くなることがあります

これはカットラスベアリングが減ってしまいプロペラシャフトとのクリアランスがスカスカになってしまうとなります

こうなると軸心がズレていても気付きません・・・

時折、エンジンの軸心と合わせて点検をしておきたいですね

5316.jpg
5317.jpg


カテゴリ :シャフト・プロペラほか トラックバック(-) コメント(-)

下準備

 2013-05-13
Rybovichの塗装のための下準備をしています

ウッドボートは生きていますのでウッドの動きによって塗膜が割れることがあります

まずその補修を行い、更に古い塗膜をある程度サンディグし塗装のための足付けと面出しを行います

この下準備が重要になってきます

5365.jpg
5364.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

光りました

 2013-05-11
オールペン作業のカマリの部品をメッキ加工にだしていた部品が一部戻ってきました

メッキ加工をする前は大分くたびれていましたがいい感じに仕上がりました

やはり、光るところが光っていると映えますからね

取り付けするのが楽しみです

5358.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

電線整理

 2013-05-08
Rybovichの電線を整理してます

長い歴史の中でだいぶ不必要な電線があったようです

使っている線がどうか確認しながら必要ない物は撤去

これで全部ではありませんが大分出てきました

そして一部電線の回路を変更しながら電線をひき直しいきます

1本、1本配線を追いながらの地道な作業です

でもちゃんとやっておかないと怖いですからね

レストアの道のりはまだまだ続きそうです

5351.jpg
5352.jpg
5353.jpg
カテゴリ :電装品・エレクトロニックほか トラックバック(-) コメント(-)

上架

 2013-05-07
Rybovichが外装の架修のため上架されました

そして塗装のための足場と養生がされています

オーストラリアのカスタムボート フレイジャー40 カマリに続いてウッドボートを連続して架修しています

5354.jpg
5355.jpg
5356.jpg
5357.jpg


カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

BERTRAM64 MOVIE

 2013-05-07
BERTRAM64 Moppie

限られた船だけに与えられる称号Moppie

迫力はりますね

カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

インテリア打ち合せ

 2013-05-06
インテリアの打ち合せです

作業の前の船のコンディションの確認作業が大方終わり材料やレイアウト、施工方法の打ち合せをしています

DSC_00241.jpg
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

センター

 2013-05-06
ツナタワーにセンターリガーのホルダーを溶接してます

タワーの無い船だと、ハードトップにベースをボルトで取り付けますが

タワーの場合はそうはいかないので専用のパイプを溶接にて取り付けます

取り付け位置それに角度、これが見栄えにかなり影響しますね

5314.jpg
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

磨いてます

 2013-05-04
エンクロージャー外して磨いてます



5335.jpg
カテゴリ :クリーニング・リフォームほか トラックバック(-) コメント(-)

ウッドメンテンス

 2013-05-01
チェアーのメンテンスをしています

古く艶ボケしてしまった塗装を全部サンディグして剥がし塗り直しです

塗って乾いては砥ぎ、塗って乾いては砥ぎ

さて何回塗りましょう・・・

5312.jpg
5313.jpg


カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR