FC2ブログ

TIDES MARINE SureSeal

 2011-09-28
アルベマーレにはTIDES MARINEのSureSealが採用されています

SureSealは漏水をオイルシールタイプのシールで防いでいます

そしてプロペラシャフトとシールの摩擦面はエンジンからの海水を利用し冷却し焼き付きを防止し、

エンジンやシャフトの振動を青いチューブで逃がしています

青いチューブはシリコンが配合されているためかなり柔軟性があります

それに、予めスペアのシールをプロペラシャフトに装着してあるのでシールを交換する場合でも

プロペラシャフトを外す大きな手間がありません

ちなみにカットモデルはフォートローダデールのボートで展示してあったものを撮ってきました

取説はいただいてきました

こんなちょっとした資料が財産なんですよね

3882.jpg
3881.jpg
3889.jpg
3890.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :シャフト・プロペラほか トラックバック(-) コメント(-)

試運転データ

 2011-09-28
PILARの試運転データ

PILARがこちらに来るたびデータを取っています

あっちが痛いとかこっちが痛いと言ってくれと楽なのですが・・・

ボートは物を言わないので、こちらで物を記録していきます

水温や油圧、エンジンロードなどなど

歴史は創り、記録は残し、やがて肥やしとなり身になると、若かりし頃に教わりました

そんな言葉をくれた方に感謝しています

3891.jpg



カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

バウスラスター続き

 2011-09-25
PILARのスラスターも終了です

サイドマウントレバースイッチと取り付けが完了し作動も好調

エンジン始動用のバッテリーとスラスターのバッテリーの兼用は極力避けています

それは、最近の船のエンジンリモコンは電子制御の物が多く採用されているのですが

スラスター作動時に大きな電気を使うため、電気リモコンが作動しなくなる恐れがあるからです

そのため、スラスター専用にバッテリーを配置し、充電もエンジンのオルタネーターからアイソレーターを

経由し分配して充電します

係留時にはバッテリーチャージャーから充電できるようにも仕様変更しておきます

スラスターは便利なものですが他に影響を与えては何の意味もありませんからね

そにしてもアルベマーレのハルは厚いです

3883.jpg
3884.jpg
3885.jpg
3886.jpg
3887.jpg
3888.jpg



カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

台風一過

 2011-09-24
各地に甚大な被害をもたらした台風15号過ぎ去りバグースとスピリットのホームポートの保田へ

港が南西方向を向いているのでちょっと心配でしたが2艇とも無事でした

スピリットは多少船代がズレていましたが・・・

ピーク時のPM9:00頃には堤防を越え波が打ち寄せて来たようです

今年は災いが多過ぎ・・・

でも、前向きに頑張ります

3879.jpg
3880.jpg



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

IPSスタイル

 2011-09-18
IPSの操作性を生かしたBOBOSSのファイトシーン

キャプテン兼アングラーの絶妙なファイト

自分でボートを操り、自分でファイトする

類を見ない後進性能を生かしマーリンフィッシングマシーンと化したアルベマーレ360IPS

そしてカジキもしっかり回復させ見事なT&R

これぞIPSスタイル








カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

参りますね

 2011-09-18
今年は週末ごとによく来ますね

横浜は朝から6~9m吹いてます

沖はもう少し吹いてるのかな

来週末は厳しそう

台風の動き次第ですね

3879.jpg
カテゴリ :ニュース トラックバック(-) コメント(-)

スラスター

 2011-09-16
PILARのスタスター取り付け工事が始まりました

離着岸時の操作性UPのためです

もともとアルベマーレは回頭性はバツグンに良いのですが、ちょいと1人で出る時用に使用する予定です

明日はハルにトンネルを取り付けるための穴あけ作業をします

穴を開けたハルもアップしますのでアルベマーレの走りの基を見てみてください

3877.jpg
3878.jpg


カテゴリ :電装品・エレクトロニックほか トラックバック(-) コメント(-)

要注意

 2011-09-16
最近の台風はどうも停滞する傾向が強いですね

停滞して大雨を降らせ各地に災害をもたらします

非常に困ったものです

台風12号の影響は関東圏の沖合いにも影響をもたらしています

各地の河川から流れた流木やその他のものが三宅島近辺にまで流れてきています

見える物はもちろん避けるのですが、不幸にも見えないものはプロペラやボトムに損傷を与えていまします

ロープや布なのど物は巻くとプロペラの翼が全体的に曲がってしまいます

しかも、ちょっと見ても分かりにくいです

走ると振動が出るケースが多いですね

回転するところですから振動が出て良いことは何も無いです

そのまま航行していると被害が広がりますので要注意です

大雨の後は十分に注意してください

3875.jpg
3876.jpg
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

ブルーマーリンクラシック

 2011-09-12
週末金、土、日はブルーマーリンクラシックでした

例年では小名浜いわきサンマリーナで開催されていましたが3.11の震災で壊滅的な被害を受け

今年は開催が危ぶまれていましたが、いつかまた福島で再開が出来ることを祈って、それまでの間

この大会を続けていこうと言う趣旨で今年はカジキ釣りの聖地とも言える三宅島での開催となったそうです

今回はフォワードに同乗させていただき参加してまいりました

天気、凪ぎともに言うことのないコンディション

ですが・・・海の中はかなり厳しいコンディションだったようです

先週の台風12号の影響か、普段は流れゴミなどほとんど無い海域なのですが

流大木、切り株、枝その他もろもろかなりの量の浮遊物が・・・

3日間での釣果は

初日  JGFA岡田名誉会長の乗る第六人徳丸が2本T&R
    
2日目    三宅の主とも言えるミスリバティーが1本T&R
       大ベテラン フェニックスが1本T&R

3日目    早朝時間外にバグースが1本T&R (ノーカウント)

とかなり厳しい釣果となりました

私の乗るフォワードは3日間何事無く・・・終わりました

いい海といい海の仲間が集うこんなプライベートトーナメント

これから各地でも広がるといいですね

3865.jpg

3866.jpg

3867.jpg

3868.jpg

3869.jpg

3870.jpg

3871.jpg

3873.jpg

3872.jpg

カテゴリ :カジキ トラックバック(-) コメント(-)

ターボO/H

 2011-09-07
ほとんどのエンジンにはターボチャージャーが装着されています

今回はタービンのスラスト方向(軸方向)にガタがあった為オーバーホールを行いました

タービンのラジアル方向(垂直方向)には新品でもガタがあります

これはタービンが高回転で回転するため通常のべリングではなくオイルで軸を浮かせ回転を受けるためです

ですが、スラスト方向にはほとんど通常はガタはありません

5/100mmくらいのクリアランスですから限りなくガタはゼロに近いです

スラスト方向にガタがあると吸気や排気のハウジングにタービンの羽が干渉してしまいます

もちろんラジアル方向もガタ(クリアランス)の限界をこえれば干渉しますが・・・

今回のタービンはタービンの羽の1枚に曲がりがありました

何とかバランス調整でイケル範囲でしたので再使用です

もちろんバランス調整しきれなければ交換になります

普段はあまり点検しないとこですがちょっとオカシイかなって思ったら点検した方がいいですね

症状が悪化してからでは更にコストが掛かってしまいます

ボートを常に良いコンディションに保つためには様々な作業が必要ですね

沖でのトラブルはできるだけ避けたいものです

3851.jpg
3852.jpg
3853.jpg
3854.jpg
3855.jpg
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

詰まってる

 2011-09-07
海水温が高いこの時期は海洋生物の成長期でもあります

ボートにはフジツボなどの付着を防ぐために船底塗料が塗装してありますが

7~9月はそれでもお構いなしにフジツボ達は成長します

特に金属部にはFRP部に比べると同じ塗料を使用していても格段に早いペースで付いてきます

エンジンの給水口の形は様々なスタイルのものがありますが

最近では海水フィルターを使わず、給水口その物をフィルター代わりにしている物も多くあります

フィルターを兼用している分、穴が小さいのですがその小さい穴の中にまでフジツボ達は付着してきます

結果は言うまでもないと思いますが、主機の水温上昇→オーバーヒートに繋がります

船底部にフジツボが着いていなくても給水口などには付着してるケースが多くありますのでこの時期は十分に注意です

3856.jpg
3857.jpg
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

キレイじゃないとね

 2011-09-03
エンジンルームやビルジ、ラダーはキレイな船って少ないですね

キレイにしようと思っても手間も時間も掛かりますしね

私達のところへやってくるボートは定期メンテの時やスポットでクリーニングをしています

ほとんどのボートがそうです

エンジンルームやビルジを洗剤を使って洗いエンジンやその他の金属を定期的にペイントします

いくら外見がキレイでもエンジンルームに入って汚かったら意味ないですからね

もちろん、キレイにしておくことでトラブルを起きても早期に分かります

そして、売買のときもそのボートを価値を下げることもないでしょう

エンジンルームが汚いとメンテしてあっても説得力がありません

ハウンツのスタッフはエンジンルームを定期的にクリーニングすることも当たり前作業です

やはり乗るなら外も内もキレイなボートで注目を浴びたいですよね

3835.jpg
3836.jpg
3837.jpg
3838.jpg
3839.jpg
3840.jpg
3842.jpg
3843.jpg
3844.jpg


カテゴリ :クリーニング・リフォームほか トラックバック(-) コメント(-)

ビスケインカスタムロッド

 2011-09-02
注文していたビスケインカスタムロッドが出来上がってきました

ビスケインカスタムロッドの工場はフロリダ州マイアミの程近いところにあります

カスタムロッドですからもちろん全てオーダーのカスタム仕様です

今回のロッドは50/80ツナスペシャルのブランクを使用しています

カジキをメインで使用するのでロッドブランクの長さ調整するのにブランクの前を切るか後ろを切るかでシナリ方が変わるのでこちらも指定しています

そしてガイドはアルミ一体成型でボールベアリングを内臓したウインスロップガイド

トップガイドはアルミでなくチタン仕様をチョイス

もちろん、ブランク、スレッド(巻き糸)のカラーやフォアグリップの材料も指定しています

他にはない自分仕様カスタムロッド

オーナーの拘りが伺えます

3834.jpg
3833.jpg
3832.jpg
カテゴリ :カジキ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR