FC2ブログ

艶やかに

 2011-05-29
シードリームのハルの塗装が終わり船名が入りました

今回もシルバーリーフを使い縁はウォーターラインに合わせ、シャドーはハルと同系色

なかなかいい感じにまとまりました

曇りのときの写真ですが、これから真夏の日差しを受けるともっと色が映えるでしょうね

船名こそ拘りたいですね

やはりその船の顔ですから

3252.jpg
3253.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

いいです

 2011-05-26
スタートフィッシング後のモミクチャの引き波の中を疾走する410XF

疾走と言う言葉がまさに相応しいですね

30ktを超える速度で波の中を走り抜ける

こんなことをよく言われます

”実は結構辛いんでしょ?”

アルベマーレユーザーの方に聞いてみてください

同じ答えが返ってきますから

”全然平気ですよ”って

そうなんです、全然平気なんです

良いですよ、ホント


カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

ディーラーであること

 2011-05-25
アルベマーレの輸入元、ディーラーになって5年目

2007年にディーラーになり皆様のお力添えのもと毎年コンスタントにアルベマーレを輸入させていただいています

皆様に感謝です ありがとうございます

2007年には280XFを1艇、330XFの新艇を2艇輸入し、国内中古艇の280XF、310XFを販売

2008年は360XFの新艇を輸入、310XFを販売

2009年にはアルベマーレのフラッグシップ410XFと410Cの2艇の新艇がやってきました
そして国内中古艇は280XFと330XFを販売

2010年は国内中古艇で410XF

今年2011年は310XFが既に輸入され、もう直ぐ360IPSがやってきます

360IPSがやってくると計8艇のアルベマーレを輸入

思えば、まだディーラーになる前に出会った305XFが最初だったかもしれません

その305XFトリトンjrが今日メンテナンスのためやってきました

この船と出会っていなければどうなっていたんでしょうか

ディーラーであること、それはそのブランドを良く知り、育て、守りそして、その船を見守り続けることでしょうか

もちろん、その他の船もです

アルベマーレはもちろんですがその他の嫁に行った娘達や新たに来た娘達もほぼ毎年里帰りをしてくれます

これもまた皆様に感謝です

ハウンツはまだまだ若い会社です

若いからこそ、業界の慣習に囚われずに出来るのかもしれません

これからももっと頑張ります

3187.jpg
3188.jpg








カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

黄ばみ

 2011-05-23
もともとかなり美しい船なのですが気になりだすと気になります

白いスカイライトハッチの黄ばみ・・・

デッキも白いのでちょっと目立ってしまう・・・

美しい船はどこも美しくないと

スカイライトハッチの採光部を入替えました

作業的には大したことないのですが作業をするとかなり変わります

どうです?新艇みたいでしょ

3248.jpg
3250.jpg
3249.jpg
3246.jpg
3247.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

再生完了

 2011-05-23
先日、アウトリガー再生のために出していたアルマイト加工が完了して戻ってきました

電蝕していたので多少面が出てなかったところはありますがまずまずの出来です

船に付いている状態であればまず分かりません

これでかなり印象が変わりますね

ゴールドだったのが、色が抜けみすぼらしくなっていたのが、きちんとゴールドになり輝いています

やはり光るところが光っていると船がキレイに見えますから

                       3244.jpg
                       3243.jpg
             3245.jpg
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

癖になる

 2011-05-22
以前、パーフェクトボートの取材時に撮った動画

取材時はかなりの風でした

記憶では16~18mくらい

30kt以上での走行でしたが東京湾の尖ったチョッピーな波を物ともしない走り

エキスプレスフィッシャーの真骨頂とも言うべきでしょうか

今回、410XFに乗り換えの月島みはらしさんも先日初クルーズの時に実感されたようです

一言、”何かが違う、楽すぎる”

癖になりますよこの走り



カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

いよいよやってくる

 2011-05-19
いよいよ日本デビューとなるアルベマーレ360IPSがもうすぐやってくる

360のハルはアルベマーレの中でも最も新しいデザインです

バウのボリュームとハル中央部のタンブルが特徴的です

もちろん、強靭はソリッドハルは健在です

走行シーンを見てもバウのチャインでしっかりと水を落とし前後のピッチングが少なく

バウが沈み込まない浮力の強さを感じられます

これが時化れば時化るほど効果を発揮してきます

映像はCAT製C9のシャフトモデルですが

今回はこの走りにIPSが装備されてきます

何とも楽しみな限りです




カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

水回りオーバーホール

 2011-05-17
シーズン前に水回りのオーバーホールの作業

ヒートエクスチェンジャー、オイルクーラー、アウタークーラー、マリンギヤオイルクーラーの分解清掃です

普段はあまり気にしないところですが月日が経つにつれて汚れ、目詰まりをしていきます

海水ラインが目詰まれば、もちろん水温が上がりオーバーヒート

アフタークーラーの吸入空気が通るところが目詰まれば、吸入空気量が減り黒煙が出るようになり、エンジン出力の低下に繋がります

どちらにして良いことないですね

稼動時間や経過年数に応じメンテナンスしなくていけない部分です

エンジンを壊してからではもっと高いものにつくし、シーズン中乗れなくなりますからね

3233.jpg
3235.jpg
3234.jpg
3232.jpg


カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

セットアップ完了

 2011-05-16
ハイドロアウトリガーのセットアップが完了

ポンプユニットの設置、配管、シリンダーのセット

作動チェックも完了

これで逸早くルアーが流せ、ポイントの移動も迅速になり、荒天時のアウトリガーの開閉も楽になりました

3227.jpg
3230.jpg
3228.jpg
3229.jpg
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

材料

 2011-05-14
内装のレイアウト変更やリニューアルするのに欠かせない材料の一つ

家具の角の飾りに使用するものです

もちろん、写真以外にも色々な種類があります

その場所ごと、仕様ごとに使い分けをします

材料って知っているかどうかで、その仕上がりに差がでますね

3191.jpg
3192.jpg
カテゴリ :インテリア・エクステリアほか トラックバック(-) コメント(-)

芯出し

 2011-05-14
シャフト船にとってエンジンの軸心調整はかなり大事な部分です

今回のオーダーはPSSの部分が走行中かなり振れるでした

通常はもちろん振れません

テスト走行にて確認時にもPSS部の振れと振動を確認

上架後、各部を確認

まず、シャフトとスタンチューブのクリアランスがあまり無いのとそれにカットレスベアリングの偏磨耗
を確認

エンジンの軸心がずれていることになります

原因として考えられるのは足回りの変形やエンジンマウントのヘタリなどが考えられます

これとはPSS部の振れの原因を検証するべく、シャフトを測定してみると曲がりが確認できました

なので、シャフトとプロペラを修正

シャフトの修正が終わり、仮付けしてみましたがシャフトとスタンチューブのクリアランがやはりおかしいのでシャフトブラケットをエンジンの位置の変更と合わせ変更することに

今回の船は燃料タンク下にシャフトブラケットの取り付け部があるため急遽、燃料タンクを取り外しました

デッキが取り外しが出来るようになっていたので比較的工事も順調に進んでいます

エンジンの軸心がずれているとエンジンにも負担が掛かり、いいことは何もありませんね

3222.jpg
3220.jpg
3221.jpg
3225.jpg
3223.jpg
3224.jpg
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

RUPPハイドロリックアウトリガー

 2011-05-13
艤装アイテムに一つに成りつつあるアウトリガーの油圧開閉システム

今回のメーカーはRUPP Marine

日本ではアウトリガーの代名詞みたいなメーカーです

ハイドロリックリガーの基本システムは油圧を発生させるためのポンプユニット

それに開閉するための油圧シリンダーとアウトリガーをロックするための油圧ロック

あと、スイッチやハーネス、配管やその他のフィッティングパーツで構成されます

配管はタワーのパイプの中を通すのですが船によって艤装品がことなりパイプ内がビッチリなことも・・・

でも意地でも通します

今回、ビッチリ入っていたので既存の通っている配線を一度抜き、配線を入替える作業も行いました

それと様々な作業が並行して行われています

FBラダーステップの取り付けやフィルター関係のメンテナンス、それにエンジンルームのクリーニング

シーズンへ向け各艇準備に余念がありません

3211.jpg
3213.jpg
3212.jpg
3215.jpg
3216.jpg
3217.jpg
3219.jpg
3218.jpg

カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

出荷風景

 2011-05-13
日本へ向けて旅立った時の写真が届きました

輸送用にタワーを分解しパズルのように載せシュリンクラップに覆われた360IPS

このうすらデカイ、トレーラーで船積み港まで陸送され本船に積み込まれます

この他、輸送用の船台も別のトレーラーで船積み港へ陸送

ちなみに360とは言うものの、実寸では約40ft弱

このトレーラー全体で長さどれだけあるのでしょうか・・・

日本ではまず無理な大きさですね

3209.jpg
3208.jpg
3210.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

ベストセラー

 2011-05-13
アルベマーレのベストセラーモデル280XFが復活です

290XFが2008年にデビューに伴い、280XFの生産が終了しました

280XFは2008年の生産終了までにトータル700艇近くが建造されました

その質実剛健な造りと数クラス上の走破性、そして400マイル以上のロングレンジの航続距離

280XFはアルベマーレを知るためのアルベマーレです

アメリカ本国でリバイバルのリクエストが多く今年再度ラインナップに加わりました

少人数で三宅を目指しビックゲームにチャレンジするに最高の船ですね




カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

アルベマーレ360IPS完成

 2011-05-11
いよいよオーダーしてあった360IPSが完成しました

写真は本国出荷前に行われたシートライアル終了時の写真

アルベマーレの次世代スポーツフィッシャーがいよいよ日本にやってきます

IPSジョイスティック、スポーツフィッシングモードにダイナミックポジションシステムを装備

トップスピードも34Kt以上、巡航でも27~28Ktの高速艇

燃費も3200回転、29Ktで31ガロン(116L)と低燃費

航続距離もタンク容量450ガロンの80%を使用し90ガロンを残したとしても

3000回転26Ktで巡航すると347マイル(約642km)の航続距離

もっと分かり易く言うと横浜ベイサイドマリーナ~三宅島阿古港まで約82マイルを2往復できる計算になります

燃料の心配をしない足の長さはかなりのアドバンテージになりますね

日本の海を駆け回る日まであとわずかです

3195.jpg

3196.jpg

3199.jpg

3197.jpg

3198.jpg

3194.jpg

3193.jpg
カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

アウトリガー再生

 2011-05-09
色の抜けてしまったアウトリガーのパーツ

新艇時からきちんと手入れをしていれば防ぐことは可能なのですが

日本では残念なことにアウトリガーを倒してメンテする習慣がありません

私達が携わっている船はもちろんそういったメンテは常識的に行っていますが

今回はゴールドのアルマイトの色が抜け残念な姿になってしまったアウトリガーの再生です

船から外したアウトリガーをバラバラにゴールドの部分を再アルマイト加工します

仕上がりがどんな感じになるか楽しみにしていてください

                3190.jpg 3189.jpg
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

三宅へ

 2011-05-06
今シーズン初のカジキ調査に三宅へ

ここのところずっと海が悪く前情報はありませんでしたが調査へ

夜明けと共に一路三宅へ

三宅の北側で20度台の潮を発見し早々にお調査開始

すると直ぐにペンペンシイラ

もしかすると居るかも!!

ですが・・・その後何も無く・・・

久しぶりに阿古へ入りました

翌日も5時出航

朝一、三本からアイの瀬を調査

鳥はいたるところに居るのですが・・・居ません

その後、三宅の東側を調査するも何も無く・・・

ですが、潮の色も温度もまぁまぁの感じでしたから潮が指せばいけるかもしれませんね

まぁ、まだ5月ですから

3184.jpg
3183.jpg
3185.jpg
カテゴリ :フィッシング トラックバック(-) コメント(-)

久しぶりの釣り船

 2011-05-06
久しぶりにボボスさん、フォワードさん、bellさんと釣り船で釣りに

昨年秋にいい思いをしたクロムツです

千葉勝山の萬栄丸での夜釣り

PM4:30出船で一路ポイントへ

ポイントに着いてみると潮が早く一流し一投のペース

この日のクロムツはどうもGWのせいかヤル気無し・・・

船長いわく反応はバッチシ・・・でも食わない・・・

普段はPM10:00の沖上がりが1時間の残業

ようやく型見れましたが・・・

でも、そんな厳しい状況でも7匹も釣ってる方がいるので、修行が足りないのかもしれません

なので、釣れた写真がありません

すみません、次回頑張ります

3186.jpg
3181.jpg
3182.jpg


カテゴリ :フィッシング トラックバック(-) コメント(-)

310&330

 2011-05-05
先日日本にやってきた310の様子を見に行ってきました

各部の点検や締め付け等々の確認作業です

シーボニアマリーナには310と330の2艇が並んで置いてあります

いい光景ですね

2艇を見てみるとビルダーの考え方が改めて良く分かりますね

強靭なソリッドハルと中間域を重視したプロペラセッティング、そして浮力の効いたバウが

荒天時の走破性と安定した走りを実現させています

そして重心バランスから生み出す回頭性能に制止安定性

これがアルベマーレユーザーが乗り継ぐ要因でしょう

IMG_0162.jpg
IMG_0144.jpg
IMG_0163.jpg
IMG_0164.jpg



カテゴリ :新艇情報 トラックバック(-) コメント(-)

カマリ上架

 2011-05-01
カマリが定期メンテのためやってきました

カマリはオーストラリアのカスタムウッドボート

ウッドボートならではの独特な波当たりの柔らかさあります

スタイルもアメリカンカスタムとはまた違った雰囲気がありいい感じです

今回は船底塗装と消耗品交換が主な作業ですが内装なんかをちょっと変えてみたいですね

IMG_0170.jpg
IMG_0178.jpg
IMG_0179.jpg


カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR