FC2ブログ

余波

 2009-02-28
地震の余波のように故障の余波もあります

一般的にオーバーヒートした後は色々と余波があったりします

水温を管理するサーモスタットがダメになったり

最悪は焼き付きもあります

731.jpg

こんなところにも余波がありました

写真では分かりづらいのですがターボチャージャーにクラックが発生し排気漏れしてました

730.jpg

クラックの入っていた場所はちょうどウォーターギャラリーの無いところ、つまり水が通らないところでした

原因はおそらくこんな感じではないでしょうか

何らかの原因でオーバーヒートし、水温上昇ともにインタークーラー・アフタークーラーの温度が上昇
それにより吸入温度が上昇したため、空燃費が薄くなり燃焼温度が上昇

燃焼温度が上昇したことで、排気温度も上昇した

もちろんターボチャージャーのハウジング交換ならびにオーバーホールです
交換しただけでは解決しない場合も多々ありますね

”元から絶たなきゃダメ”です

昔そんなCMがありました・・・
スポンサーサイト
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

発電機

 2009-02-23
今日も雨ですが現場は慌しく走り回ってます

発電機&エアコンの搭載作業もいよいよ大詰め

発電機を載せるためのアルミの台も出来てきました

736.jpg

仮置きしてみてアルミ台の再加工

737.jpg

そして発電機本体の設置

738.jpg

配管や配線などをまとめエンジンルーム内はほぼ終了です

サイズがギリギリでしたがバッチリ収まりました

740.jpg

エアコンユニットもギリギリでしたが収まり後は仕上げのみ

741.jpg

吹き出し口のいい感じです

745.jpg

744.jpg

ちょっと前ではエンクロの中にエアコンが無いのが当たり前でした

ですが、一度このエアコンのお世話になってしまうと無い訳にはいきませんね

ボートの艤装もこの数年でだいぶ変わりました

定期的なフロリダ修行

井の中の蛙でいないためにも必要なことですね




カテゴリ :電装品・エレクトロニックほか トラックバック(-) コメント(-)

ワンオフ

 2009-02-23
メンテナンスや艤装などをしていると、色々とやってみたいことが出てきます

パーツとしてあるものは良いのですが、往々にしてない物が多い・・・

ないから出来ない、諦める・・・のではなく、無い物は作ります

今回はハンディリモコンのレバーを作ってみました

742.jpg

まだ途中ですがすばらしい出来です

アルミの無垢からの削りだしです

アタクシの無茶なリクエストを聞いてくれ、さらにプラスアルファの気遣いでの仕上がり

743.jpg

あと、磨き込んだのちにアルマイトを掛け完成です

扱い易く機能的、そして美しく

いい感じです




カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

アウトリガーリギングケーブル 

 2009-02-21
アウトリガーのリギングケーブルは何がいいか

皆さん色々拘りがあると思います

ヒモが良いか、ケーブルが良いか???

どちらも個性があります

ヒモは柔らかく、しなやかでクセにならない

でも逆に言うと張がなく絡まる可能性がある

ケーブルは硬く、クセになりやすいが張があり絡まりにくいです

で私はと言うとケーブル派です

やはり絡まないのが一番です

ちょっと前からはケーブルのカラーにも拘ります

734.jpg

それと、アウトリガーを開いた時のテンションを張るクッションコードは使いません

テンションケーブルをブルワークに通してます

735.jpg

やはり美しく見せるためです

テンションはカムクリートで都度調整して使います

リギングケーブルを引く力が弱いとトローリングの最中にクリップが下がってきてしまいます

クッションコードが弱くなってくるとよく出る症状ですね

ちょっとした処理、こだわりたいですね
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

シーズンオフでも

 2009-02-18
ボート業界ではシーズンオフ=仕事量の減少が定説とされています

でもうちは違います

シーズン中、シーズンオフ問わず現場はフル稼働しています

これも、皆さんのおかげで誠に感謝しています

ありがとうございます

先週から発電機・エアコン取付で作業中のアルベマーレ310

720.jpg

オリジナルのオプションはサウンドシールド無しの発電機ですが

今回搭載はONAN、もちろんサウンドシールド付きです

719.jpg

ですが、やはり一筋縄では行かず、都度若干の仕様変更をしながらの作業

現場と調整しながら収めてしきます

717.jpg

ダクトのところも木工でキレイに収めていきます

722.jpg
718.jpg
723.jpg
721.jpg

エンジンルームの前処理も大方進んでいて近日発電機本体を載せる予定です

すでに、ゴールデンウィークに向け順次ボートが入ってくる予定です

直前では部品の欠品、不具合の状況で折角のゴールデンウィークに間に合わない可能性も・・・

早め早めが何よりですね


カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

エマージェンシーツール

 2009-02-16
本場アメリカにはホント色々なものがあります

応急修理用のテープ

その名もRESCUE TAPE

715.jpg

ホースやパイプからの水漏れやオイル漏れを対処するもの

テープ自身は非常に良く伸び、粘着性もあります

イメージはビニールテープが厚くてよく伸び、両面が粘着ってとこでしょうか

使い方は漏れている箇所をいったんキレイにします

もちろん油の場合は油分をキレイに落とします

そして、漏れている箇所に巻き付けます

コツはテープを引っ張りながら巻きつけること

怪我をした時に止血するみたいな感じです

716.jpg

メーカーいわく、対圧力は700PSI,耐熱は260℃、絶縁は8000Vまで大丈夫だそうです

試しに2個購入してみましたが、幸か不幸かまだ使う機会がありません

もちろん、今後もない事にこしたことはないのですが・・・

ホースも年数が経てば硬化も劣化もしてきます

意外と見落としがちなところですが無くてはならないパーツ

注意しないといけませんね
カテゴリ :エンジン・マリンギア・発電機ほか トラックバック(-) コメント(-)

エンクロージャー

 2009-02-14
昨年、フォートローダーデールで購入してきたエンクロージャー用クリーナーでエンクロージャーの再生を行いました

710.jpg


707.jpg

正直、かなりきてました

708.jpg

本来であれば交換でしょうか・・・

ちなみに使用期間は約7年

ダメもとでちょっと磨いてみたら意外といけそう

709.jpg

ちょっと写真がボケてますが左がチョイ磨き後で右が磨き前です

光るところが光り、透き通っているところが透き通っているとやはりキレイに見えますね
カテゴリ :クリーニング・リフォームほか トラックバック(-) コメント(-)

着々と

 2009-02-13
アンチローリングジャイロの作業が進んでします

本体もそろそろ届く予定

それに合わせて発電機を取り出し、補強工事

693.jpg

694

ロールを押させるためにジャイロの設置場所には2~3トンの加重が掛かるらしいです

そのため一部の場所をFRPの積層で空間を無くし、さらに設置部には15mm厚のベースの金属板をひきます

695.jpg

692.jpg

日本では先駆けのボートになりますね
カテゴリ :装備・艤装ほか トラックバック(-) コメント(-)

LED水中ライト

 2009-02-11
今回、LED水中ライトを取り付けてみました

681.jpg

電源はDC 入力電流は1.9A

今までのLED水中ライトは今一つ暗い感がありました

ですが、今回取付た製品はかなり明るいです

とは言ってもHIDと比べてしまうやや暗いですが、LEDとは思えない明るさがあります

取付も簡易型でトランサムに大きな穴はけずにLED本体はタッピングで取り付けます

688.jpg

2個セットのを今回は2つ取付てみました

色も何種類はあります ホワイト・ブルー・グリーンなど

でもホワイトかブルーが無難かと・・・

辺りが暗くなってから点灯してみたらかなりいい感じです

687.jpg

価格もたいぶ抑えられているし、しかも日本製

DC電源って言うことは発電機は無くとも取付可能です

夏の夜の海は楽しくなりますね

カテゴリ :電装品・エレクトロニックほか トラックバック(-) コメント(-)

こだわり???

 2009-02-07
金物加工部隊がなにやら怪しげなものを持ち歩いていました

まず一つ目はオリジナル自然薯ほり

671.jpg

672.jpg

仕様はこんな感じらしいです↓

柄の部品  アルミの削り出し

ナット  チタンの削り出し

スコップ部  ステンレスを削り出し

全体の重量バランスが絶妙でサクサク掘れ、スコップ部は強固で石をも砕くらしい

二つ目はオリジナルチタン製アサリクマデ

674.jpg

675.jpg

クマデ部分はチタンを切り裂いて加工

グリップ部は手に馴染みやすいナントカ樹脂??を加工

軽量で一日掘り続けても疲れない優れものらしい

と、自慢してました

ここまでくるとこだわりと言うか、なんと言うか・・・


カテゴリ :フィッシング トラックバック(-) コメント(-)

工夫

 2009-02-06
日々、作業をしていると色々と不便を感じます

680.jpg

ここのところ、アウトリガーネタが多いですが、キレイにしたくとも

先端の方まで届かない・・・もちろんセンターリガーも

スタッフは考えます

で、こんな物を作りました

679.jpg

材料は磯ダモ(伸び縮みするもの)、半分に切った塩ビパイプ、スポンジ、ステー、ボルト

667.jpg
668.jpg

今回は4.5mの物を使用(磯ダモなので長さは適当に選びます)

半分に切った塩ビパイプとステーをまず取り付けます

676.jpg

その後、塩ビパイプにスポンジを接着します

その際、ピッタリ付くように当て物をしてしばらく固定

677.jpg

で、最後に磯ダモの柄の部分に取り付けて完成

678.jpg

スポンジにアルマガードを染み込ませ、柄を伸ばせばアウトリガーの先端までバッチリ拭けます

ちょっとした工夫で意外と良い物できますね

カテゴリ :クリーニング・リフォームほか トラックバック(-) コメント(-)

アウトリガーレストア

 2009-02-01
寒い寒いと言いながらも明日からもう2月

油断してるとすぐにシーズンですね

シーズン向け入れ替りボートが入ってきます

そんななか、寒い時だからこそ出来る作業も入ってきます

くすんでしまい、艶のなくなったアウトリガーのレストア

ボートから取外し、レストアし易いように分解

655.jpg


個別のパーツを仕上げていきます

654.jpg

657.jpg

輝きが戻ってきます

656.jpg

左がもとの状態、右がレストア後

653.jpg

あとはボートに組み付ける際、ベアリングキットやほつれたワイヤーを交換

輝きは戻りますが、定期的にメンテをしないとダメになってしまします

その後のケアはアルマガード等で定期的に保護します

659.jpg

アルミは定期的に手入れをするからこそ輝きます

なんでもそうだと思いますが、ケアをしなければいくら良いものでもすぐにダメになってしまします

お肌のお手入れ大事ですよね



カテゴリ :クリーニング・リフォームほか トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード
QR